Q&A

Q&A

Q1  自己資金がないのですが、開業は可能でしょうか?

(回答)
これまで開業された先生方も、必要資金の95%以上が銀行融資です。 土地購入時の手付け金(土地代の10%程)程度があれば残りは融資で賄えます。自己資金は、出来る限り開業後の余裕資金として確保しておかれることをお勧めいたします。

Q2  担保や保証人がありません融資は可能ですか?

(回答)
融資についてのご心配は数多く寄せられています。担保や保証人を見つけることが困難な場合、銀行融資ですと土地購入からの医院開業が有利です。購入する土地と建築する建物を担保とし、保証人も奥様のみで95%程度の融資がついた例も多々あります。建て貸しやビル診、借地など賃借での開業は、銀行融資の場合、担保の提供や奥様以外の保証人が必要となりますので、 公的資金の利用や福岡県の場合ですと、医師信用組合の融資・リース会社からの融資など数種類の融資を組み合わせることが必要です。これまで当社では、先生の計画にあった銀行や融資機関を紹介させていただき、現在までに紹介した銀行での融資決定率は、100%の実績を誇っております。

Q3  開業出来る場所はまだありますか?

(回答)
開業場所に関するご相談は年々増えています。それだけ開業が難しくなっているということでしょう。それぞれのご家庭で事情が違うとは思いますが、どこでも良いということであればまだまだあります。 しかし、地域を細かく限定した場合、成功できる場所は非常に少なくなってしまいます。通勤できる距離ならば開業希望範囲を広げ、その中で場所を選ぶ必要があると思います。また、市街地より郊外の方が、場所は見つけやすいのですが、意外と将来競合が出てきやすいのも事実です。 逆に競争の激しい市街地でも既存の医院で後継者のいない高齢な開業医を探しその近くを検討するのも一つです。

Q4  ビル診を考えていますが収支は合うでしょうか?

(回答)
これまで開業された先生方も、必要資金の95%以上が銀行融資です。 土地購入時の手付け金(土地代の10%程)程度があれば残りは融資で賄えます。自己資金は、出来る限り開業後の余裕資金として確保しておかれることをお勧めいたします。

Q5  医院開業コンサルタントって医院開業についてどんなことを行うのですか?

(回答)
開業場所探し、そこでのマ-ケティング調査、資金・事業計画書の作成、資金調達及び金融機関との交渉、医院建築・改装の企画・アドバイス、医療機器計画、システム選定のアドバイス、広告・IT戦略、スタッフ募集・採用・研修、諸官庁への手続き・・・などなど。 開業を成功させる為のマーケティングリサーチ、開業計画からスタッフ教育、広告戦略まで医院開業に関わる全ての業務を豊富な知識と経験を生かし企画提案、サポートを致します。

Q6  「マーケットリサーチ」だけとか個別の業務をお願いすることはできますか?

(回答)
弊社では、トータルコンサルティングだけではなく、個別の業務のご相談もお受けしています。先生方に開業までの準備をよりスムーズに進めていただきたいと考えております。もちろん、”場所探しから開業”まで一貫でのサポートもお受けします。まずは、どのようなサポートができるかお話を聞かせて下さい。

Q7  遠方でもコンサルティングしてもらえますか?(遠いと度々の訪問はお願いできないと
    思います。その場合はどのようにサポートしてくれますか?)

(回答)
開業までには、たくさんの準備作業が必要です。全く経験のない人が、お一人でその作業をこなしていくには、膨大な時間と労力を要します。 弊社は福岡にありますが、熊本、大分、佐賀、長崎、山口などの各県であってもご相談を受けております。コンサルティング方法もいろいろあります。今まで遠方の開業をサポートさせていただいた先生の中には、「各業務のポイント毎での訪問、あとは電話、Eメール、FAXなどを使い連絡する」という方法をとりました。例えば「開業地を絞り込むとき」「銀行交渉のとき」「職員の面接のとき」・・・などのポイント時には現地へ伺い、日々のいろいろなご相談は頻繁に電話などで連絡をとるように致しました。先生の開業計画、ご予算などにあわせてサポートの形をご相談いたします。

Q8  開業をコンサルティングしてもらうと「いくら」ぐらいかかりますか?

(回答)
医院開業に関わる全てをトータルにコンサルティングする場合、先生が必要とする部分のみをセレクトしてコンサルティングする場合とで違ってきます。 また開業の場所(遠方か否か)、開業の規模・期間などによっても違ってきます。先生ご自身が「これは自分でできる!」という部分は業務から外したり、遠方の場合は訪問回数を減らしたり、「もっとここはこだわって手伝って欲しい」という部分はプラス部分としてご依頼いただいたり・・・ 投下資金を節約したいという方の為にコンサルティング費用を安くする”医療機器コース”も用意しております。弊社が、主な医療機器の販売(高度医療機器販売許可取得済)を行うこうとによってコンサルティング費用をリーズナブルな金額(目安としては~60万円)に抑えております。 まずは、先生方の開業計画のお話、予算などを伺ってから、ベストな形での弊社への業務依頼、また価格をご提案させていただきます。なお、開業相談、簡易マーケティングリサーチに基づく不動産物件紹介は、無償で行っておりますので当社にコンサルティングを依頼する、しないに関わらず、お気軽にご相談下さい。

Q9  「コンサルタントをつける」というのは、「プラスαの出費」のように思えるのですが。

(回答)
医院を開業することは先生にとって一大事業と私共は考えております。ですから、開業にはコストがかかることも十分承知しております。  しかし、開業までには、数多くの業務を綿密に計画し、銀行、業者などいろいろな業種の方々と交渉しながら準備を進めていかなければなりません。多くの先生が、現在の勤務をしながらこれらの事をこなしていくというのは、ご想像される以上にお忙しく、大変な事と思います。 コンサルタントがつくことにより、先生の代理人として各業者、メーカーとの価格交渉を行い、それぞれの業務をある程度とりまとめた形で先生にアドバイスを交えながらご提案致します。先生は、その時点から選択、決定をして頂くという流れで進めていきます。開業までの間の無駄な時間を省き、少しでも余裕を持って過ごしていただけるよう、また、そのエネルギーを開業後に備え蓄えていただく為に、私共はサポートできると確信しております。

Q10 承継の場合のサポートはしてもらえますか?

(回答)
承継の場合は、そのメリットをいかしながらも、承継する先生が目指される新しく、よりよい診療を地域の方々に提供するために、「親しまれ、患者さんの輪を広げていくような医院作り」をしていく必要があります。私共は「新規開業」と同じスタンスで承継の場合もサポートしてまいります。

Q11 開業後の“職員の労務問題”、“設備の増設”、”増患対策”などの相談にのって
    もらえますか?

(回答)
基本的に開業後も先生からご要望に応じてあらゆるご相談にのっております。 トータルコンサルティングでご依頼された先生には、開業後も随時、電話やメールでの相談に応じていく他、ご要望があればお伺いして先生が抱えている諸問題や要望について方向修正、解決を図っていくなど、万全のアフターサポート体制をとっております。